[WoW] Northern Barrens冒険② (Grol’dom Farm):プレイ日記4

1.ビックバナーPC
リンク広告スクエア上部

World of warcraftのプレイ日記その4。今回はGrol’dom Farmでの冒険を書いていきます!ここもイノシシたちのことで迷惑している様子。農場を困らせているのは写真のような可愛い猪じゃありません。(笑)

※前回の記事

World of warcraftのプレイ日記その3。いよいよBarrensに到着。北のNorthern Barrensと南のSou...

Far WatchからGrol’dom Farmへ

Far WatchのHalgaは次向かう場所を教えてくれます。

<Halgaは無邪気に笑いながら巨大な銃を押し付けてくる。>

君はこのような武器を使ったことがあるか?これはビーストだぞ。手の中にある地獄というか。歩きながら使うには重すぎるが、キャラバンの先頭で使うにはもってこいだ。俺はこいつをストリートスイーパーと呼んでいる。

君が取り戻してくれた補給品をCrossroadに届けなければならないが、たぶんトラブルが待ち構えているだろう。隣に座っててくれないか?頼む。準備ができたら声をかけてくれ。次のキャラバンの先頭に乗せてやる。

うーん、どうやらCrossroadに行く前にGrol’dom農場を経由するみたいですね。ということで早速銃を受け取ってKodoに乗っちゃいましょう。

↑追いかけてくるイノシシたち、後ろのKodoにしがみついて補給品を奪おうとするイノシシたちに発砲!一発必中です!

それにしてもキャラバンが通る度にこんなに略奪にきてもらってはCrossroadまでにまともに届く補給品なんかほぼなさそうです・・ こりゃ途中で経由地を挟むしかないですね。

↑無事に到着!

イノシシたちの親玉討伐

さて、農場に着いたものの、こっちもさっきのところと状況はあまり変わらないようで、

攻めてくる者には容赦なく反撃するのが我々の本能ではあるが、知恵は別の方法を促している。猪どものうち一匹を捕えて尋問してできる限りの情報を吐いてもらう。この網で西側から我らの農場にやってくるイノシシ野郎を捕まえてほしい。一発殴って意識を失ったら私のところまで連れてきてくれ。

ほう・・・捕虜から情報を聞き出すという作戦。

↑なぜか一匹だけのんびりと農場で遊んでいたので早速網で捕まえて、

↑引きずってでも連れていきます。(笑)ちょっとやり過ぎたかな?

君が連れてきたイノシシくんは顔に冷たい水でもぶっかければ目が覚めるだろう。目が覚めた彼は何を言ってくれるかな?

彼を後ろに見える畜舎に閉じ込めておくよ。そんなに長くはもたないだろうから、あの豚どもがどうして我らの農場を襲うのかその理由を聞き出してくれ。尋問のやり方は君の賢明な判断に任せる。

んで、早速後ろの方に行ってみると、

↑選択肢はたくさんあっても、所詮は豚なのでFoodには目がないはず。早速食べ物をあげてみると、

↑案の定、あっさりとボスの名前を言ってしまうイノシシ君。バカすぎて素晴らしい。寄せ集めの部隊というのはこんなもん。ちなみにこいつらはステーキはローで食べるらしい。(笑)

南の混乱に続き、この”Tortusk”というやつはRazormane族難民全員を集めて自分の手下にした。彼のリーダーシップはその一族を強盗以上の存在に仕立てた。彼は交渉が通じるようなタイプじゃない。倒すしかない。

捕虜の話が本当なら、ここから南東にあるThron HillというところにTortuskがいるはずだ。彼が道を見下ろしている絶壁を探せ。彼を始末すれば今の脅威を止めることができる。

ターゲットが定まったので迷うことなく現地へ。

↑おお、旗が立派・・。やっぱりお頭は違うな~(笑)ラプターに乗っているので2匹まとめて片づけます。

これでしばらくはGrol’dom Farmが平和になるはず・・・!(しばらくとはいってもせいぜい30秒くらいです。その後また湧いてきますw)

とりあえず、これでよし!

連れ去られたKodoを取り戻そう

ちょうどTortuskを狩りにいこうとしたら、声をかけられ、事情をきくと、

もし南のThorn Hillに行くなら行方がわからなくなったKodoを探してくれないか?Far Watchを発ったすべてのキャラバンがここに着くわけではない。昨日の朝、あのRazormaneの豚どもに我々のKodoが拉致された。たぶん生きていないと思うが、それにしてもこれ以上我らの家畜を失うわけにもいかない。

なるほどー。まあ、でもKodoは大きいからすぐに見つけられるはず。

↑よかったー。まだ生きていたんですね。荷物もまだ大丈夫みたい。

Kodoは強靭な生命力を持った生き物だ。何か食べ物を与えてあげれば回復するかもしれない。

Razormane族は以前のキャラバンから大量の穀物を盗んだ。近くのキャンプから盗まれた穀物を取り戻そう。

え?ご飯だけで回復できちゃうの?すごいな;;とりあえず、可愛そうなKodoにあげるご飯を探しに行きます。

↑あっちこっち落ちてますね~ とっとと集めましょう。

この大きな野獣がゆっくりと立ち上がると力を取り戻したその足からやせ地の土が落ちてくる。Kodoは本能的に自分の家があるGrol’dom Farmに向かってとぼとぼ歩いていく。

KodoがGrol’dom Farmに帰ったことを確かめるためにはKranal Fissに会わなければならない。

おお・・・元気になってよかったー!

ちなみにKodoの鳴き声ってNom nom nom nom…なのですね。なんだか可愛いw

↑おぼつかない足どりだけど、家に向かって懸命に歩き出すKodo。その姿を微笑ましく見守る主人公。(笑)

↑Kodoは無事に到着したようです。よかったー。その後、クエストを完了すると、Achievements項目が更新され、

↑これでGrol’dom Farmのでのお仕事も終わり!

他にもいくつかクエストがありましたが、ストーリーラインとは関係ないサイドクエストだったので省きます。

それにしてもここGrol’dom Farmでもたくさんの依頼と出会いがありました。みんな平和そうに見えるけど実は様々な悩みを持っていたんですね。

みんなの悩みを聞いてあげているといつの間にかLv.20になっていました。リニューアル前より確実にレベルアップしやすくなっていると感じました。

その中で消えていったクエストもあれば新しいクエストもたくさんあって、慣れているつもりのWoWなのに初心者に戻ってプレイしているような楽しさがありました。

次こそはCrossroadに行けるのでしょうか。次回もお楽しみに~!

※次回の記事

World of warcraftのプレイ日記その5。今回はついにCrossroadsに行けるかも!これまで色々ありましたが、やっと...

以下は普段使っているキーボードとマウス

有線マウスの正確さと感度を無線でも使えるマウス。無線なのに遅延がありません。もちろん 有線で使うこともOK。(有線では充電されます)FPSなど感度に敏感な人にはおすすめ。

長時間使っても疲れないメカニカル式ゲーミングキーボード。1,680万色のバックライトは中々いい感じ。スマホが置けるドックは意外と便利でよく使います。また、ボリュームコントロールがとても楽です。

リンク広告スクエア下部
2.レクタングル大①PC
2.レクタングル大①PC

フォローする