Macのテキストエディットでテキストファイル(.txt)作成方法

1.ビックバナーPC
リンク広告スクエア上部

MacOSのデフォルトエディタの「テキストエディット」でテキストファイルを作成する方法についてご紹介したいと思います。

あれ?テキストファイルとして保存ができない?

Windowsに慣れていてMacOSの初心者の場合、MacOSのデフォルトエディタを開いて普通にテキストファイルを作りたいだけなのになぜか保存形式に「.txt」が無いことに困惑している人は多いはずです。

ファイルの形式の中でも一番よく使われていて一番デフォルトとも言えるTextファイル(正確にはPlain Text)を作成できないなんてテキストエディタとしては話になりませんよね。笑

↑フォーマットにテキスト形式がない!

軽いショックを受ける人もいるかもしれませんが、方法はあります。

フォーマット>標準テキストにするを選択

↑こんなところに隠れていたなんて・・・。

↑すると、このようなことを聞かれますが、OKをクリック。

↑すると、UIがシンプルに切り替わり、テキストファイルの編集画面になります。

ここで、もう一度保存を試みると、

↑さっきとは違う保存ダイアログボックスが表示され、.txtで保存できるようになります。エンコーディングは今の時代ではUTF-8が一般的で無難です。

以上で完了です!

リンク広告スクエア下部
2.レクタングル大①PC
2.レクタングル大①PC

フォローする