黒い砂漠モバイル CBT日程および質疑応答

1.ビックバナーPC
リンク広告スクエア上部

現在かなりの期待を集めている黒い砂漠モバイルですが、韓国で2018年1月を予定しているCBT日程について、またゲームに関するユーザーからの質問に対しGMが答えている内容についてまとめました。

CBT日程は今から2週間以内に発表する予定

先月の11月にメディアショーケースで黒い砂漠モバイルのCBTは2018年1月中との発表がありましたが、その具体的な日程について2週間以内に発表するとのこと。すこしややこしいですが、まだCBTが始まったわけでも、CBTの日程が発表されたわけでもありません。”今(12/28)から2週間以内にCBTの日程を発表する”ということになります。

※更新

CBTは2018年2月9日(金)~2月11日(日)で行われました。また、正式サービスの日程についても発表がありました。最新関連記事はこちら↓

黒い砂漠モバイルの韓国正式サービス開始日が2018年2月28日に決定しました。また、3日間行われたCBTのユーザー反応についてまとめ...

ゲームに関する質疑応答

CBTの日程やゲーム内容について問い合わせが殺到しているようで、現時点で答えられる内容についてGMがまとめている内容が公式カフェページINVENに掲載されていたため、以下にまとめてみました。

Q. 黒い砂漠モバイルの今後の日程について教えてほしい

今から2週間以内にCBTの日程を公開する予定だ。CBTは一部の人だけが参加する形となり、データは引継ぎされることなく正式リリースの時には初期化される。

Q. サーバーの構成について

多くのユーザーが問題なく遊べるように準備を徹底している。ゲームプレイが行われるフィールドはゾーン形式(他ゲームでチャンネルと呼ばれているもの)になる。また、一緒にプレイしたいユーザーがいる場合、サーバーとゾーンが一致している必要がある。サーバー名は未定。

Q. 家名は何か?また、どう運用されるのか

黒い砂漠モバイルにおいて家名は全サーバー共通で使われるとても重要なもの。一度作成した家名はすべてサーバーおいて一つしかないユニークな自分だけのニックネームとなる。家名は2~10文字で作成可能。また、ゲームローンチの前に家名の先占イベントを行う予定。日程についてはまだ調整中。

Q. リリースが確定しているキャラクターたちはどのようなスキルを持っているか

リリースが確定しているクラスはウォーリア、レンジャー、ジャイアント、ウィッチ、ヴァルキリーの5種類。基本的にPC版黒い砂漠のスキルをそのまま使っているが、クラスによってモバイル版だけの新規スキル、PC版とは少し違ったスキルも存在する。また、モバイル版のみの黒い精霊スキルもある。

Q. キャラクターカスタマイズはどのようなレベルか

黒い砂漠モバイルのカスタマイズはモバイルゲームの中で最高レベルのディテールを描写できる。顔だけではなく、髪の長さやスタイル、体形など個性豊かなキャラクターを作成できる。モバイルとPCは環境が違うため連動したり共有することは難しいが、PCとまったく同じキャラクターを作ることもできる。

Q. 重量システムは?

PC版黒い砂漠と同様に重量システムはあるが、重量によるペナルティはPC版のものと異なる。重要オーバーでも戦闘ができないなどのペナルティは適用しない。

Q. 自動狩りシステムは?

黒い砂漠モバイルが持っているアクションや打撃感は損なわずに自動狩りができるように様々な試みを行っている。単純に自動狩りシステムを実装するのではなく、より楽しく遊べる方法をPearl Abyssらしく工夫している。

どのような形がベストなのか今でもずっと研究していおり、様々な形で作ってみてテストを行いながら進めている。この中からこのゲームの面白さを一番よく引き出せるものを選びたい。

Q. 取引所ではすべてのアイテムの取引が可能か

取引所は貨幣や各種アイテム獲得のストレスを緩和し、ユーザーがより自由にゲームが楽しめるようにするために適用したシステムである。そのため、取引所は基本的に誰でも獲得できるシルバで利用ができ、一部の特殊なアイテムを除き、ほとんどのアイテムの取引ができる。ゲームにおいて取引はすべて取引所でしか行うことができない。また、個人間の取引やフィールドにいったん落として他の人が拾うという方法はできない。

Q. 装備強化のやり方は?

ユーザーの中には確率あってこその成功にうれしさを感じる人もいれば、失敗の負担を最小にし安定した強化を求める人もいる。そのため、装備強化は確率自体をユーザーが選べるようにする予定だ。黒い砂漠モバイルでは装備強化からくるストレスを最小化し、アイテム獲得および成長の楽しさを知ってほしいと考えている。

Q. ギルドコンテンツやギルド作成の条件などは?

ギルド作成の条件は最小限のものにする。また、一時的に作成しすぐに消えてしまうことを最小化する。ギルドコンテンツの場合、正式以後も引き続きアップデートしていく項目であり、内部テストの結果によってバランスやコンテンツの改善が行われる予定。変わる可能性が一部あるが、最初のギルド作成時の加入可能人数は30名程度。ギルドメンバーと楽しめるギルド領地、ギルドレイドは正式リリースのときから利用可能。占領戦や拠点戦などのコンテンツは正式後アップデートで実装される予定。

Q. ガチャシステムがないとのことだが、どのような課金を考えているか

黒い砂漠モバイルの課金は確定型アイテムの購入である。今まで言及してきたように確率型獲得はなるべく排除するが、完全に排除するということではない。確定型アイテムだけでなく、便利アイテムやゲームプレイを補助するアイテムを商品の基盤として準備中。

Q. プレイ可能な端末のスペックは?

現在、ギャラクシーS5程度の端末で利用できるように開発および最適化を行っている。最小・推奨スペックおよびインストール容量についてはまだ最適化途中なので詳細に関しては今後発表する。

Q. Google, Appleアカウントへの連動は?

正式なログイン手段としてFacebook, Googleログインを提供する。その他、ゲストログインもある。正式ログインをすることで端末変更地時やログアウト時でももとのアカウントにいつでもアクセスが可能となる。

Q. PC版黒い砂漠と連動計画は?

黒い砂漠PC版とモバイルは同じエンジンを使っていて類似したシステムを持つ兄弟ゲームではあるが、プレイ環境が異なるため、様々なところから違いが発生する。同じDNAを持つが、別のゲームであり、それぞれの環境に合わせて最大のパフォーマンスや楽しさを追求することが我々の目標でもある。

Q. PC版をやったことがない人でも楽しめるか?

問題ない。PC版をプレイしているユーザーならゲーム用語の理解が早く、PC版とモバイル版を比較してみるという面白さがあるかもしれないが、PC版をやったことがなくてもモバイル版を楽しむのには何も問題はない。黒い砂漠が初めての人も普通にプレイできるように最善を尽くしている。期待してほしい。

※ソース:
http://www.inven.co.kr/webzine/news/?news=191703&site=blackm

また、事前予約のスペシャル映像が公開されたようですが、要するにCMですね。

韓国では2018年1月正式開始、グローバルは2018年の黒い砂漠ですが、いよいよCBTが始まるようです。情報が入り次第、またご紹介したいと思います。

※更新

CBTは2018年2月9日(金)~2月11日(日)で行われました。また、正式サービスの日程についても発表がありました。最新関連記事はこちら↓

黒い砂漠モバイルの韓国正式サービス開始日が2018年2月28日に決定しました。また、3日間行われたCBTのユーザー反応についてまとめ...
リンク広告スクエア下部
2.レクタングル大①PC
2.レクタングル大①PC

フォローする