リネージュMをやってみた

1.ビックバナーPC
リンク広告スクエア上部

6月21日、韓国でリネージュMがサービスを開始したそうです。
早速AppStoreでダウンロードして4時間ほどプレイしてみました。

※プレイ環境:iOS, iPhone7 Plus

ダウンロード

※韓国のAppleIDが必要になります。作成方法については本記事では記述しません。予めご了承ください。

あああああああああ  

韓国AppleIDでAppStoreにログインしてみると、すでにリネMが首位に。おいおいお前らどれだけリネージュ好きなんだよとつぶやきながらダウンロード。

ゲームインストール

↑インストールしてからダウンロード本番開始。1.8Gほどあります。サービス初日でしたがダウンロードスピードは悪くありませんでした。ダウンロード中いくつかチュートリアルのようなものが表示されていて、これはアークセレクターというモンスターターゲティングシステムの説明。倒したいモンスターを指でなぞると番号が付いてて番号順にモンスター倒してくれるらしい。

↑ダウンロードが完了し、メイン画面。デスナイトの圧迫感がすごいです。

キャラクター作成

↑キャラクターを作るためにもまずはサーバーを選択しなければならないのですが、混雑状態のサーバーが多く、キャラクター作成自体が困難な状況。まあ、初日だから仕方ないかと思いながらもサーバーを選ぶのに少し時間がかかってしまいました。正直キャラを作りたいサーバーを自分で選べる状況ではなく、空いているサーバーに急いでキャラクター作るしかないという状況でした。ちなみにサーバーは全部で5ページもあります。

↑緑色の空いているサーバーを選んでも2,000人以上の人が待機中というので唖然としましたが、3分ほど待つと入ることができました。30,000人以上の待機を見たという人もいる模様。ふむふむ・・・同接いくらくらいなんだろう・・・。

↑とりあえずはナイトでいいかと。

オープニングムービー、チュートリアル

↑よく広告で観たオープニングムービー。気になる方は下記URLで観れます。
https://www.youtube.com/watch?v=U5jMa8BBBDs

↑早速チュートリアルクエストが始まります。時間があまりないらしいので急ぎます(笑)。

↑攻撃方法について。ターゲットを決めてから攻撃ボタンを押す。でもこんなんじゃ面倒くさい・・・

↑と思ったところに自動攻撃があることを知って一安心(笑)。さすがにこの時代ですし、最近のゲームらしくユーザー利便性向上のことはしっかり意識している様子。

↑チュートリアルクエスト中。フィールドには人でいっぱいです。モンスターよりも人が多い(笑)。自動狩りは快適です。AIは優秀とまではいかないけど普通に狩りを任せられる程度。アークセレクターも問題なし。

↑リネージュの製作システムに関しては私は詳しくありませんが、リネMでも様々なアイテムが作成できるようです。

↑リネージュにおいて変身はとても重要ですが、どうやらリネMではガチャで色んな変身を獲得できるようです。アデナでガチャるタイプは1日1回という制限があるようですね。ダイアモンドでガチャるタイプはマイレージが付くようです。

↑さてさて~何が出るのかな〜
デスナイトとかを期待していましたが、結果はオーク(笑)。

↑ちなみに変身の詳細UIはこんな感じです。わかりやすくカテゴライズされています。

↑様々なシステムを紹介しつつ、いよいよチュートリアルクエストも終盤へ。なんと、あのバラカスを倒してしまうという・・・。

↑どうみてもDiablo3のディアブロとそっくり

↑チュートリアルが一通り終わると馴染みのシルバーナイトタウンに到着。ここから引き続きクエストをこなしていけばレバルアップできます。メニューを開くと様々な項目がありますね。

とりあえずはLv46を目指そう

↑淡々とクエストをこなしてたらいつの間にかレベルは34になっていました。ゲームダウンロードから4時間ほどプレイしたと思います。レベルは45まではクエストでサクサクと上げられるそうですが、45から地獄が始まるそうです。次のクエストが46から受けられるそうでそれまでにモンスターを狩ってレベルアップしなければいけないのですが、これがとんでもないほど上げづらいらしい。驚くほどマゾいとか。

しかし本当に人が多いですね。上記SSはグルーディン村です。モバイルゲームなのにまるでPCのオンラインゲームの画面を観てるような賑やかさです。

全体的な感想

PC版のリネージュをそのまま忠実に再現している、これに尽きます。あくまでもモバイルゲームなのでPC版とだいぶ異なるもう一つのリネージュになるのではないかと思っていたら全然違います。良くも悪くもリネージュのようなレトロな雰囲気の正統派RPGが好きな方は楽しめるゲームではないかと思います。ただ、まだ韓国のみとなっており、いつ日本サービスが始まるかは今のところわかりません。韓国に比べて日本ではリネージュのファンは少ないかもしれませんが、NCJには頑張ってもらいたいですね。
また、私はiPhone7 Plusを使用中ですが、それでも字がすごく小さく、読みづらいと感じました。小さな画面に相当な情報量を表示させるために色んな工夫をしていることはとてもよくわかったのですが、それでも小さくて見づらいのは仕方ありませんでした。
その他、BGMやSEなども充実に再現されていてPC版と変わりありません。

リネージュM 関連ニュース

個人間取引、取引所の未実装:
リネージュではもともとほとんどのアイテムが取引が自由で個人間の取引がとても盛んなゲームとして知られており、当然ながらリネージュmでも期待されておりましたが、今回のサービス開始の際には未実装となってしまい、一時的にNCSoftの株価が大暴落するなどハプニングもあったようです。システムとしてはほぼ完成しているようですが、韓国のゲーム物管理委員会の審査待ちということで7月5日までに実装を目指しているとのことです。

※追記

2018年2月現在、リネージュMは2つのバージョンに分けられています。(androidのみ)

・リネージュM:個人間取引可能、19歳↑
・リネージュM(12):個人間取引不可、12歳↑

iOSではリネージュM(12)のみ利用可

リネージュ2レボリューションとの比較:
現段階で分かっている情報をまとめてあるサイトがあったので参考にさせていただきました。


GameYhakte blog


http://gamey.kr/Ybi_bbs/bbs_list.php?code=A1&mode=view&idx=1883&PAGE=1

リンク広告スクエア下部
2.レクタングル大①PC
2.レクタングル大①PC

フォローする

コメント

  1. アバター 金太郎 より:

    メイン画面はスケルトンではなくデスナイトじゃいでしょうか。
    スケルトンて鎧着てましたっけ

    • hazukilabwp hazukilabwp より:

      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      ご指摘ありがとうございます!
      おっしゃる通りデスナイトです!
      修正いたしました。