[WoW] 念願のDark Iron Dwarf解禁!その方法と感想

1.ビックバナーPC
リンク広告スクエア上部

Battle for AzerothのAllied Racesのひとつ、念願のDark Iron Dwarfをついに解禁できたので今回の記事ではその方法と感想について書いてみたいと思います。

Allied Races?

キャラクター作成画面で左下にある「Allied Races」ボタンを押すと、↑のような既存の種族とは異なる6つの種族をキャラクターとして作ることができます。

・Alliance: Void Elf, Lightforged Draenei, Dark Iron Dwarf
・Horde: Nightborne, Highmountain Tauren, Mag’har Orc

実はこの6種族以外にも後2種族、Kul Tiran Humans(Alliance)とZandalari Troll(Horde)がありますが、これらは次の拡張パックに実装される予定なので今の段階ではまだ作成できません。

これらの6種族は直近の拡張パック、Battle for Azerothで追加されたものですが、実はこれまで普通にクエストなどでWoWをプレイしてきた人であればすでに何度も会っている種族たちなんです。WoWのストーリー上に必ず登場しているからです。

今回ご紹介したいDark Iron DwarfなんかはWoWオリジナル時代(無印)から登場してたのでold playerたちにとってはお馴染みの種族でもあります。まあ、このときは敵でしたが、色々あってAlliance側に加わり、ついにプレイアブルキャラクターにまで格上げされました。

ただし、これらのAllied Races・・・。最初から作れるわけではありません。作成するにはそれぞれの条件をクリアしている必要があります。何の条件もなく最初から作れるHumanやOrcのような既存の種族とはわけが違うのです。

条件は大体「該当種族とのReputationを最高値のExaltedまでに上げる」+「特定のクエストラインをすべて終わらせる」です。Reputation上げは骨が折れる作業ではありますが、すこしでも楽にできる方法があるので気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

Reputation上げゲームと言っても過言ではないWorld of Warcraft。欲しいアイテムの獲得や特定コンテンツを開放す...

しかし、条件を加えているだけあって種族固有のスキルがとても優秀で、とくに今回ご紹介するDark Iron Dwarfは群を抜いていると言っても過言ではないほどです。

Dark Iron Dwarf のどこが優れているか

さて、見た目から普通のDwarfと違ってとてもカッコいいDark Iron Dwarfですが、こんな素敵な種族固有スキルを持っています。↓↓↓

Fireblood

↑Dark Iron Dwarfの目玉スキル。これほど強力なアクティブスキルは見たことがありません。ほとんどのdebuffを解除し、その上buffまでかかっちゃうなんてとんでもないですよね。8秒間というのは短く感じる人もいるでしょうし、十分長いと思う人もいるだろうから何ともいえないかな。とりあえず凄いスキルであることは間違いないでしょう。このスキルに惚れ込んでDark Iron Dwarfを目指している人も多いほどです。

Mole Machine

↑個人的にはFirebloodの次に目玉スキルだと思うMole Machine。MageのPortalのようなもので現在自分がいる大陸の大都市を自由に移動できる、いわゆる「どこでもドア」スキルです。使うといきなり大きいドリルが地面から突き出てきてドアが開きます。

↑こんなのがいきなり地面から現れますw 現在、Eastern Kingdomsにいるので移動できるのは上記の3箇所。Shadowforge CityはDark Iron Dwarfたちの都市です。

クールタイムは30分で行ける地域も若干制限があるのでMageのPortalほど便利とはいえませんが、Mageではない職業の場合大いに役に立つスキルで間違いないでしょう。個人的にはとても気に入っています。

Dungeon Delver

↑地味ではあるけれど十分嬉しいスキル。ダンジョンでの移動が多いWoWなので絶対に役に立つスキル。indoorとは、Mountに乗れないダンジョンや建物など、走って移動するしかない場所のことを意味します。4%なので目に見えるような確実なスピードアップ感はありませんが、すこーし速くなっているのは体感できます。

Forged in Flames

↑モンスターからの物理攻撃耐性が1%。微々たるものかもしれませんが、魔法を使わないでひたすら通常攻撃(物理攻撃)をしてくるモンスターが圧倒的に多いので、これは嬉しいパッシブですね。タンカー職とかならとくに真価を発揮できそうです。

Mass Production

↑これはあくまでもおまけ的なスキル。BlacksmithのProfessionを持っている人にはちょっと嬉しいかも。

いかがでしょうか?いかに種族固有スキル(Racials)が優秀かわかっていただけたと思います。こりゃほしくなりますよね。(笑)

Dark Iron Dwarfの解禁条件

さて、解禁条件ですが、上記でも触れた通り、ReputationをMaxにするのと特定のクエストラインをすべて完了させることで解禁できます。

もうすこし詳しく見ていきますと、Dark Iron Dwarfは

①AllianceのWar Campaignクエストラインを完了し、Achievementの「Ready for War」を達成する
②BFA勢力のひとつ、「7th Legion」のReputationをExlatedにする
③実際にDark Iron DwarfをAllianceの一員にするためのRecruitment Scenarioクエストを完了する

を遂行することで解禁できます。

①はKul Tirasでレベルアップ途中、複数回発生するWar Campaignのメインストーリークエストを遂行していくことで普通に達成できるので心配は必要ありません。Lv120に到達すると大体の場合、①も達成済みのはずです。

問題は②です。結局のところ②が解禁のための最大の難関になります。ReputationをExlatedまでに引き上げるということは生半可な努力で達成できるものではありません。とりあえず時間と努力が必要になります。

①と②が達成できたのであれば、③はおまけ的なもので1時間くらいで達成できるちょっとしたシナリオクエストです。

7th LegionのRep上げはどうすればいいか

結局、Dark Iron Dwarfの解禁は7th LegionのRep上げにかかっていると言っても過言ではないけど、どう上げていけばいいのか。それはコツコツやっていくしか特に方法はありませんが、本格的なRep上げ作業に入る前に事前知識として知っておけばいいことは以下の記事で確認できます。

Reputation上げゲームと言っても過言ではないWorld of Warcraft。欲しいアイテムの獲得や特定コンテンツを開放す...

1. ZandalarでWorld Questをコツコツ

まずは、Zandalarの3地域「Vol’dun」「Nazmir」「Zuldazar」でWorld Questをコツコツ実行することが基本です。これはExaltedになるまでずっと繰り返さなくてはならないデイリークエストのようなものです。クエストひとつあたり75のRep値を獲得できます。キャラクターのRaceがHumanならもっともらえます。

3つの地域に発生中のすべてのWorld Questを完了すると1,700程度のRep値を獲得できます。WQの中には、Repボーナスがついているものもあるので場合によってはその以上のRepを稼げたりします。

すべて完了してからまたWQが湧いてくるまでは8時間~48時間くらいかかります。これはクエストごとに違います。

2. Emissary Quest

マップ画面左下を見るとこのようなUIが存在します。これらはEmissary Questsと呼ばれるもので一定時間ごとにランダムでそれぞれの勢力(Faction)のリクエストを完了すると、豪華アイテムもしくはGoldなど様々な報酬がもらえるものなのですが、この3つの中に7th Legionがあるときはチャンスです。

7th LegionのEmissary Questを完了すると、1500のRep値を獲得できます。1500は大きいです。もちろんdarkmoon buffなどを合わせるとさらにもらえます。

3. Island Expeditions

3人パーティで敵陣営とAzerite採掘量を競うPVEコンテンツのIsland Expeditionsからも7th LegionのRepを大量に獲得できます。

1回プレイをするたびに画像に見えるバーが溜まっていきますが、バーがFullになるとIsland ExpeditionsのNPCからクエスト完了で1500のRepを獲得します。

Island Expeditionsは一週間ごとに更新されます。

4. Wanted! Quest

Zandalarのあっちこっちにある指名手配クエスト。これらも250以上のRepを獲得できます。Zandalar地域をくまなくまわってみましょう。そして指名手配クエストを見つけたら迷わずに受諾しましょう。

5. Missions

Mathias Shawの前にあるMission Command Tableから受諾できる様々なMission。残念ながら画像は7th Legionが写っているものではありませんが、このリストの中に7th LegionのRepを獲得できるものが現れたりします。そのときは優先してクリアしましょう。75以上のRepが獲得できますし、成功確率を上げて200%で挑むと2倍以上のRepを獲得できます。なのでMission tableをこまめにチェックしましょう。

6. Battle for Stromgarde先行クエスト

Battle for Stromgardeの準備クエストも7th LegionのRepを獲得できます。5~6個のクエストになりますが、それぞれ75のRepを獲得できます。

実際にBattle for Stromgardeの戦場が開かれ、完了をした場合にもRepが獲得できるかについては確認していません。(戦場が始まる前の段階でExaltedになり、それ以上Rep上げの確認ができなかったため)

まとめると、1のWQを繰り返しながら、2~6はその都度やるといった感じでRep上げをしていきます。

そうすると、このような嬉しい瞬間が必ずきます・・・! ↓↓↓

うわあああああああああああああ!!!!!この瞬間をどれほど夢見たことか・・・!!!!  うれしいーー!!!!!!!!!!!!!!

感想

実は1週間ほど前に解禁したのですが、ブログの更新が遅くなってしまいました。今はShamanとしてレベル1から、いや20からゆっくり育てていますが、見ていてニヤニヤしてしまうほど気にいっています。(Allied RaceはLv20からスタート)

Totemが鉄床の形をしていて、とても可愛いという単純な理由でクラスはShamanにしました。(笑)

↑ShamanのTotem。アンビルの形をしているのが自分にはドストライク(笑)
(画像はWowheadから)

Boostをして一気にLv110からスタートという手もありましたが、Lv20からレベルアップを開始した理由は、Heritage Armorという種族固有の防具セットを獲得するためです。

Heritage Armorはとてもルックスがよくてぜひほしくなる防具セットですが、その代りBoostしてしまうと貰えません。Lv20から育て上げるしかないのです・・・。

その気になるDark Iron DwarfのHeritage Armor setはこちら。 ↓↓

↑か・・・カッコいい・・・!!
(画像はWowheadから)

7th Legion Exaltedという極悪の条件がつくものの、カッコいいルックスに、カッコいい防具、強力な種族固有スキル。これだけでこれまでの苦労は十分に報われたと感じていますし、とても満足しています。

みなさんももしよければ・・・Rep上げ作業を耐えられる強靭なメンタルの持ち主であればぜひチャレンジしてみてください。絶対に損はしません!

以下は何枚か自撮り写真(笑)

↑Recruitment Scenarioが終わった直後。燃えてるようなヒゲがとてもカッコいいです。

↑Dark Iron Dwarfの固有マウント。Recruitment Scenarioクエストの報酬として貰えます。とても可愛いワンコです。

↑Mole Machineで試しにIronforgeに行き、帰還中。あらゆるモーション自体はDwarfとあまり変わりません。

↑Heirloom装備姿。これからレベルアップ頑張ります!

以下は普段使っているキーボードとマウス

有線マウスの正確さと感度を無線でも使えるマウス。無線なのに遅延がありません。もちろん 有線で使うこともOK。(有線では充電されます)FPSなど感度に敏感な人にはおすすめ。

長時間使っても疲れないメカニカル式ゲーミングキーボード。1,680万色のバックライトは中々いい感じ。スマホが置けるドックは意外と便利でよく使います。また、ボリュームコントロールがとても楽です。

リンク広告スクエア下部
2.レクタングル大①PC
2.レクタングル大①PC

フォローする